フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Geminiな日 | トップページ | Yours Trulyな日 »

2007年6月30日 (土)

無名なOpus 7の日

Opus_7 レコードの楽しみの一つで、あまり知られていない良盤を見つけ出すっていうものがあると思う。これ俺しか知らないだろ(オレアグルーヴ)っていう優越感と申しますか。まあ、いってしまえば、ただの自己満だったりもするわけですが…。でも、やっぱりコレクター気質のある人間にとっては楽しいんだなこれが。で、数多く掘ってきた堀師の方たちには何枚かのそういう盤があるはずだ。僕も、もちろん何枚かはあるんだが。その第一歩として紹介したいのが、Opus 7の「Thoughts」。これはそこまで無名ってわけではないのかな。でも、ガイドブックなどには登場しないっつーことで、本日はこいつを。

79年発表。この盤を出しているSourceっていうレーベルは要チェック!Harold Melvin And The Blue Notesの盤やDebarge兄弟参加のSmashなんていう良盤を連発してたり、するんです。このレーベルの音は、小気味よく洗練されたものが多いという特徴がある。本作もご他聞に漏れず、軽快メロウサウンドを聴かせてくれる。このOpus 7はヴォーカル&インストグループ。リードはそこまで力があるとはいえないのだが、コーラスをうまく多用して、アルバム全体のレベルアップを図っている。構成としては、A面がアップナンバー、B面がミディアム、スロウナンバー。どちらも悪くはないのだが、軍配はB面に上がるかな。メロウな"Hey Big Brother"や"I Love You"といったミディアムナンバーは非常に完成度が高い。

この盤の評価があまり上がらない理由はどこにあるのかなあ。マイナー度合いはそこまで高くないと思うし、捨て曲も見当たらない。飛びぬけていい曲というと少し厳しいかもしれないが、先にあげた2曲は本当によいと思う。もしや、自分の感覚が人と違う?!これだと致命的だが、昨日一昨日紹介した盤は誰にでも名盤でしょう。そんな感覚違うとは思わんぞい。Opus 7によい評価求む!いや、お願いします。。

« Geminiな日 | トップページ | Yours Trulyな日 »

Rare Groove」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/6984821

この記事へのトラックバック一覧です: 無名なOpus 7の日:

« Geminiな日 | トップページ | Yours Trulyな日 »