フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« 時代を2度変えたDr. Dreの日 | トップページ | Touch Of Classな日 »

2007年7月15日 (日)

Jammな日

Jamm 僕は最近、飲む機会が何回かあったんですけど、飲み方ってやっぱり人それぞれなんだなぁと改めて感じました。例えば、焼酎とかみんなお湯割とか水割り、もしくはロックでしょ。個人的にはあれが納得いかない。お湯割りはまだ分かるんだけど、水割りやロックはちとキツイ。まず、ロックはなぜ冷たくすんだと。あの冷たい焼酎のまずさと、後半薄くなってくる感じがどうもいかんよ。水割りもあの薄い感じが…。やっぱ焼酎はストレートが一番な気がする。あの25%っていうのが一番アルコールが体に染み渡ると思うんだよね。まあ、でも音楽と同じで好みは人それぞれって言ってしまえば、終わりなんだけどね。それはそれでちょっと悲しいんで、お酒についてもちょっと一言みたいな。そんな感じで、今日は酔って帰ってきたときにかけたくなるJammの「I Promise」をご紹介。

91年発表。たぶん彼らの2枚目の作品だったと記憶している。このグループはそんなにメジャーではないが、80年代後半~90年代初頭にかけてのアーバンできらきらしたR&Bをつくってくれている。二人とも中高音域の声で、実力は感じられるし、コーラスが乗ってくるとさらに映える。ということで、アルバム内でオススメできるのは圧倒的にミディアム、スロウナンバー。正直言ってダンスナンバーには興味はそそられない。アルバム収録曲も9曲と少なめなので、いっそミディアム、スロウだけでよかったのにと感じてしまう。そう思わせてくれるのもミディアム、スロウナンバーが相当完成度が高いから。語り入りの"The Games We Play"を筆頭に、"You Give Good Love"、"Can't You See"、"I Promise"といった曲での二人の歌、バックサウンドのきらびやかなアーバンさ加減、どれをとっても「最高」という形容詞しか出てこない。少し、マイナーなアルバムだが非常に完成度が高い一作だ。

いつもよりちょっと早めに書きました。これから飲みにいくもんで。でも、家に帰ってきたら、部屋でこのアルバムをかけるつもりです。ぐでんぐでんになっていなければ…。

« 時代を2度変えたDr. Dreの日 | トップページ | Touch Of Classな日 »

R&B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/7155233

この記事へのトラックバック一覧です: Jammな日:

» 森泉がセクシー路線に目覚めた!? “セミヌード”で女性誌に [森泉ニュース速報]
森泉がセクシー路線に目覚めた!? “セミヌード”で女性誌に [続きを読む]

« 時代を2度変えたDr. Dreの日 | トップページ | Touch Of Classな日 »