フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Mf Doomな日 | トップページ | Sergio Mendesな日 »

2007年7月 7日 (土)

デ・キリコの画集を見ながら聴くLonnie Liston Smith & Cosmic Echoesな日

Lonnie_liston_smith 知らない街を自転車を使って移動するのは非常に楽しい。いままでに知らなかった店なんかがあると、絶対に入ってしまう。昨日はそんな感じで、自分の住んでいるところから、西側のあたりを攻めてみた。まず、行き当たったのが大きな物置き場風のリサイクルショップ。この手の店は個人的にも大好き。レコード、古着、古本、小物が好きな人なんかにはもってこいのはず。かくゆう、僕も1時間弱くらいその店内を探し回った。収穫は安レコ4枚と、デ・キリコの画集1冊。前者はどこにでも売ってるようなものでどうでもいいといってしまっては失礼だが、重要なのは後者。改めて見てもキリコはいい。個人的にはダリなんかよりもずっと好きだ。あのどこかにありそうで、どこにもないような風景。自分の知らない街に来てしまったような不安感。その簡素化された立体感のある風景画はいつまでも飽きさせない。さて、ぜんぜん門外漢な絵画の感想文を書いたところで、本題の音楽へ移行。今日はキリコの画集を見つつ、聴いていたLonnie Liston Smith & Cosmic Echoesの「Visions Of A New World」をご紹介。

75年発表。レーベルはレアグルーヴでの評価なども高い作品を多く出しているFlying Dutchman。純粋なソウル好きからはレアグルーヴってもんは少し敬遠されがちだけれど、やはりいい作品(現代の価値観で評価できるもの)が多いのも事実。ジャズ畑からの人が多いこともあってか、音は非常に洗練されたみずみずしいものであり、聴き心地は素晴らしいとしかいいようがない。また、本作でのLonnie Liston Smithがそうであるように、鍵盤奏者名義で出された作品に良盤が多いのも事実だ。

本作のハイライトは、ジャズ系レアグルーヴアップ曲の真骨頂ともいえるタイトル曲"Visions Of A New World"。ファンキーなグルーヴの中にエレピのソロが栄える最高なナンバーだ。他の収録曲ではアップナンバーよりも、メロウでスローテンポなものに軍配が上がる。鍵盤を使ってうまく幻想的な世界観を演出している。数曲でヴォーカルを担っているのはLonnie Liston Smithの弟。黒人的な歌い方ではないが、この幻想的な楽曲には合っているのかも。夜聴きたくなる名盤です。

キリコの絵を見て、画集なんか買ってみるのもいいかなと思った。絵ってほんとに奥深くて、興味深い。僕は学校の芸術の選択授業では音楽ではなく、美術を選んでいた。自分で描いた絵はクソみたいなもんで、成績も悪かったが、美術の教科書なんかに出ている絵には少なからず好奇心を抱いたものだ。それも古いものではなく、比較的今の時代に近い近世くらいからのもの。こういう絵って漫画とかにもある程度影響を与えているような気がする。そこらへんなんかも探りつつ、ちょっと画集なんか買ってみるつもりです。

« Mf Doomな日 | トップページ | Sergio Mendesな日 »

Rare Groove」カテゴリの記事

コメント

ぼくもダリよりもデ・キリコのほうが好きです。
「偉大なる人造人間」とか。
ロニーリストンスミスは……ロイエアーズと来日したというのに、見そびれました(泣)

キリコの絵では、僕は「イタリア広場」とかが好きです。赤を基調にした無機的な風景に強く惹かれます。
てか、Lonnie Liston SmithがRoy Ayersと来日したんですか?!それはヤバイなぁ。Roy Ayersも「He's Coming」とかさいこうですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/7066155

この記事へのトラックバック一覧です: デ・キリコの画集を見ながら聴くLonnie Liston Smith & Cosmic Echoesな日:

» 南明奈、グットウィル折口会長と親密。関係認める!お盛んな男関係!!動画あり! [南明奈、グットウィル折口会長と親密。関係認める!お盛んな男関係!!動画あり!]
南明奈 グットウィル 折口会長 めざましテレビ マネージャー 交際 裏 動画 画像 流出 [続きを読む]

« Mf Doomな日 | トップページ | Sergio Mendesな日 »