フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Nobodyな日 | トップページ | Johnny Hammondな日 »

2007年8月20日 (月)

birdな日

Bird 最近、ミドルスクールと呼ばれている時代のヒップホップのCDが高騰しているらしい。年代にして90~95年といったところか。やはり、その時代のヒップホップがよかったというのは一つの真実であり、それにより値段が高騰するという現象もあながち間違いではないように感じる。しかし、高くなっているのは、一般的な評価として一流に位置される盤という訳ではなく、1.5~2流盤なのだ(しかし、その中に良い曲が含まれていたりもする)。たしかに値段というものは内容という要素以上に、流通量というものによって大きく左右される。それは、レアグルーヴのオリジナル盤なんかを見ていても明らかだ。しかし、そんな90年代前半のヒップホップも僕がブラックミュージックを買い始めた00年頃にはたいした値段にはなっていなかったように記憶している。でも、今となってはUMC'sの1枚目が3000円くらいで売っていたりもするのだ。事実、僕が安い頃に買ったものでも今では高くなっているものも多くある。このみんなに知られていない良盤を手に入れたいという人間の心はいったいなんなのだろう。虚栄心とかそういった類のものなのかなぁ。そんなこと言いつつ、僕もそういう心を持ち合わせているからこそ、こんなブログをやってるわけなんですが…。今日は、そんな虚栄心を出さなくてもいいbirdの「bird」をご紹介。

99年発表。この盤は個人的に非常に思い入れが強い。それは、僕がまだ本格的に音楽を聴き始める以前の中学生時代に初めて出会った盤であるにも関わらず、今でも時々取り出しては聴く愛聴盤に収まっているというところに起因する。また一方で、日本という国においてブラックミュージックの要素を取り込み発信していくにはこれくらいがちょうど良い指針であるといったところも大きな要因である。それは大沢伸一という日本のクラブミュージック界において重要な位置にいるプロデューサーが全面プロデュースを行ったことが大きいと思われる。このジャジーな雰囲気を保つ楽曲の数々はMondo Grossoでの仕事で得てきたものをよりポップに売り出していくことに成功しているからだ。また、birdの存在も間違いなく大きい。日本人がブラックミュージックをやるときに問題になるのがあの声を張り上げ壮大に歌うという歌唱法だ。たしかに現代R&B界のBeyonceやAlicia Keysがやると、本当にかっこよくさまになっている。しかし、日本人がそれを行った場合、はたしてかっこよくなるのか。答えはノーだ。ただ、仰々しいだけになってしまい醒めてしまう(横山剣の歌い方は黒人ぽく歌おうとしているのではなく、あくまで日本的)。その点、birdの歌唱はまさに絶妙。しっかり歌える実力は持ち合わせているし、黒人ぽく歌おうという気負いは見られない。この自然な歌唱とほどよくジャジーな楽曲が本作の魅力をエヴァーグリーンなものにしている。本当に何度聴いてもいいと感じられるんだよなぁ。個人的には日本ミュージックシーンに強く刻み込まれるべき、大傑作だと思う。

でも、どんな時代のどんな音楽が高騰するのかっていうのは本当に未知数だ。レゲエでは、今、80年代後半の音源が高騰してるみたいだし(個人的にはレゲエの暗黒時代だと思っていた)。次はどこが高くなんのかなぁ。予想としては90年代後半の南部ものとかね。日本では流通量が少なかったっぽいし、今はヒップホップは南部とか中西部に中心が移っているようだし、どうでしょう?買いかもね(先物取引かよ!)。

« Nobodyな日 | トップページ | Johnny Hammondな日 »

Japanese Music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/7614821

この記事へのトラックバック一覧です: birdな日:

» 鈴木紗理奈が結婚!! [Coolpepper 創刊号]
鈴木紗理奈が結婚!!鈴木紗理奈が来春に結婚するそうです。気が付けば三十路だったんですね。気になるお相手は、現在既に同棲中の、レゲエグループ「INFINIT�... [続きを読む]

» 鈴木紗理奈 目撃情報<動画NEWS> [鈴木紗理奈 目撃情報<動画NEWS>]
鈴木紗理奈 目撃情報<動画NEWS> 鈴木紗理奈の過去の奇行やセクシーな動画を紹介しています。鈴木紗理奈のレゲエダンスあり。 [続きを読む]

« Nobodyな日 | トップページ | Johnny Hammondな日 »