フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Freddy Mcgregorな日 | トップページ | Walkin' Largeな日 »

2007年8月 1日 (水)

Circle O' Fireな日

Circle_o_fire 最近感じたことなんだけれども、自分が好きな音楽以外にも揺さぶられるような音楽っていうのはあるもんなんだなと。それを強く感じたのが、NHKスペシャル「映像の世紀」に流れる"パリは燃えているか"だ。あの暗いけれども、そこから立ち上がっていくかのような音には強くやられたものだ。番組自体も非常に完成度が高く、幼かった僕の記憶にも強烈に残っている。でも、やっぱりあの音楽があったからこそ、あれだけ記憶に残る作品になったのだと思う。戦争・虐殺といった悲惨な状況から抜け出し、新たなものを発明し発展していくという人間の歴史を、あそこまでうまく音として表現し、なおかつあれだけの演出力を持たすことが出来たのだから。"パリは燃えているか"にかけたわけじゃないけど、今日は燃えるようなジャケのCircle O' Fire「Escape Hatch」をご紹介。

78年のStax発。ジャケを見ると、ごりごりなファンクを予想しそうだけれど、内容はそれに反してメロウな出来上がり。プロデューサーはあのSilkなんかも手掛けたDavid Porter。こうした甘い作品が出来上がったのにはそれなりの理由があったと。でも、70年代後半のヴォーカル&インストグループって結構メロウさを柔軟に取り込んで言った作品が多いように思える(以前紹介したOpus 7 しかり)。でもこの盤の特筆すべきはそういった70年代後半のヴォーカル&インストグループの盤に多く見られる2~3曲いいという単位ではなく、全体的にレベルの高い作品として仕上がっているのだ。でも、やっぱ群を抜いていいのはスロウの"(You're A) Winner"。これだけ歌メロが良くて、歌が良くて、音がメロウなんだから、他に何を欲しがるのってくらいなもんでして、やっぱり最高という言葉しか出てこないですわ(自分の語彙の少なさが寂しい…)。

いやぁ、それにしても「映像の世紀」について語ったら、また見たくなってきた。でも、DVD Boxが78000円だもんなぁ。到底、しがない大学生には買える額ではないわけで…。う~ん、レンタルビデオ屋にでも行こうかな。

« Freddy Mcgregorな日 | トップページ | Walkin' Largeな日 »

Rare Groove」カテゴリの記事

コメント

glo-loveって曲を試聴しましたが、アルバム良さげですね。naffgrooveさんの紹介盤は知らないのばかりで、かなりそそられます。

2naさん、いつもコメントありがとうございます。
僕の紹介盤は最近あまり知られていない俺アグルーヴ(自分で発見した無名な良盤)中心にしています(ソウルは)。それの方が皆さんの参考になるかなと思いまして。メロウな作品にはうるさいので、趣向が合えば、ぜひ参考にしてみてください。

俺ア・グルーヴいいですねぇ。
今までラジオで聴いたのとかガイド本頼りだったので・・俺ア・グルーヴ発掘していきたいですね。またよろしくです。

一緒に、俺ア・グルーヴ紹介していきましょう!
今だと、ブログも音楽好きの重要な情報源になっていますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/7376851

この記事へのトラックバック一覧です: Circle O' Fireな日:

« Freddy Mcgregorな日 | トップページ | Walkin' Largeな日 »