フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Masqueradersな日 | トップページ | Crazy Ken Bandな日 »

2007年8月31日 (金)

Guessな日

Guess いやぁ、今日は昨日の終わりの方で書いたんだけど、ヤフオクでの音楽購入について書こうかなと。音楽好きの人はどうしてるのかなぁ。やっぱり不安だったりするもんなのか?僕の場合はというと、やっぱりちと不安があるなぁ。傷の具合って人それぞれで判断が相当違うだろうから。例えば、ユニオンのB盤一つとってもその店・商品ごとに相当幅があるわけだし。だから、レコには手を出さない。やっぱり、傷がもろに音に跳ね返ってくるかんねぇ…。でも、CDならその点はOK。再生さえしてくれれば、ある程度傷があったって、気になんないしね。だから、昨日もCDに手を出してみたんだが、競り負けたと。それが残念でねぇ…。で、今度は勝ちたいなとか考えつつ、今日はGuessの「Guess」をご紹介。

94年発表。本作はメジャーのワーナーから出されている盤なのだけれど(ちゃんと日本盤まで!)、ソウル好きも十分納得できる一品。というより、相当ハイレベルです。歌も音も。この不適なグラサン二人が写る怪しいジャケを見ただけで、たいていのソウル好きの鼻は動くんじゃないかな。その予想通りにかなり歌える二人。で、中心となってその音を手掛けるのがMichaei J. Powellというのがこれまたでかい。Chapter 8を率いていた彼のプロデュースワークとなると、80年代が中心となるが、90年代に入っても細々とだが、いい作品を手掛けている。そんな彼が作る音はそこはかとなく80年代の残り香がする甘い音で、これが熱唱するアーティストとはよくマッチする。そんな代表例が冒頭の"Shu-B"。しょっぱなこれがくると、後はただただ流れに身を任して耳を傾けるのみ。前半の6曲目くらいまでが最高の流れかな。Michaei J. Powellがつくる甘~い音とGuessの歌唱をぜひ堪能あれ。

ヤフオクは服とかは買ったことあんだけどね。でも、出品はまだしたことがない。出したいものは結構あったりすんだけどなぁ。今はSeamoとなって、紅白にも出たシーモネーター(& Dj Taki-shit)のデビューミニアルバムとか(むかーしむかし、吉祥寺のユニオンのアウトレットで100円購入)。てか、Dj Taki-shitはどこいったんだ(ミックステープも持ってんだが)?!

« Masqueradersな日 | トップページ | Crazy Ken Bandな日 »

R&B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/7756453

この記事へのトラックバック一覧です: Guessな日:

« Masqueradersな日 | トップページ | Crazy Ken Bandな日 »