フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« West Wingな日 | トップページ | Mikki Bleuな日 »

2007年10月15日 (月)

KMDな日

Kmd うちは、兄弟仲(弟一人)は結構いいほうで、弟ともよく話す。この前、服の話題になった時、弟が「今日、新宿の店色々回ってみてきたんだけど、ブーツ欲しいのがあって、いくらだったと思う?」って聞いてきたんで、「ん~、2万とか?」って返したら、「4万5千」だって。その日、僕がフリマでめっちゃ悩んで、買わなかったニューバランスの靴は2千5百円だ。話は続いて、弟が「バックも欲しいのあったんだよね。いくらだったと思う?」ってきたんで、「ん~、二万とか?」って同じ返しをしたら、それも「4万5千」だって。その前日、僕がフリマでじゃんけんで勝ってまでして、安値で手にしたバックは2千3百円だ。またまた話は続いて、弟が「ジャケットも欲しいのあったんだよね。いくらだったと思う?」ってきたんで、「ん~、二万とか?」ってまたまた同じ返しをしたら、「うん、2万」だってよ。その日、僕がフリマで買ってきたフライトジャケット、ジーンズ、Tシャツのトータルコーディネートは千5百円だってーの(内訳は1200、100、200)。なんなんでしょ、これ。っつー疑問を抱きながら、今日はKMD「Black Bastards」をご紹介。

94年に一度マイナーレーベルから発売されたもの(当時契約していたElektraは発売拒否)が01年になり出し直されたもの。お蔵入り化した理由は、やはり強烈なジャケットのせい。同時期にメンバーのSubrocが亡くなった。これ以降、KMDのフロントマンであるZev Love Xは仮面を被り、Mf Doomを開始したのだ。Mf Doomのいびつでごちゃごちゃした音ながらも、最高にヒップホップやソウルを感じさせる作風はもうこの頃から片鱗を見せている。この極度にぶっといドラムとベース、時折見せるメロウなネタ使い、これこそヒップホップの極致だとさえ感じられる。そして、この音の悪さ(僕の持っているレコードだと、ものすごくくぐもった音質。再発のCDだと音がクリアなため、むしろレコがオススメ)。これらが織り交ざり、異様なテンションを構築している(同時代の作品に比べ、BPMが速いような気がするが、それもこの世界観を生み出す要因になっているのだろうか)。昔、好きだったのはメロウな"What A Nigga Know?"。メロウとは言っても、ドラムのでかさは健在。最近ではむしろ圧倒的なテンションを誇る"Get-U-Now"、"Plumskinzz (Oh No I Don't Believe It!"、"It Sounded Like A Roc"辺りが好みかな。この音とテンションはすさまじいものがある。今、思ったんだけど、僕が一番好きなヒップホップはMf Doomの作るものだな。このいびつだが、単純なヒップホップにぞっこんだ。

あっ、ヤフオクでジョンブルの登山用ジャンパーみたいのが8百6十円で落札できた。貧乏人は知恵を絞って、買い物するんじゃよ。ふぉっふぉっふぉ。どんどん買い物が老獪になってくるわ。でも、同時に若さはどんどん失われていってるんだがね…。若者のカッコ良さの基準が分かりません。お兄系の服のカッコ良さってなんなんすか?!はぁ…。若者に難癖付ける、っつーのは自分が老いてる証拠だわ。

« West Wingな日 | トップページ | Mikki Bleuな日 »

Hip Hop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/8440672

この記事へのトラックバック一覧です: KMDな日:

» 紗川理帆 キャンギャル時代のいかがわしい画像が流出!お宝雑誌 [紗川理帆 キャンギャル時代のいかがわしい画像が流出!お宝雑誌]
紗川理帆を芸能界引退においやったお宝雑誌のいかがわしい画像がここで蘇る!見逃してしまった人は保存するっきゃない!! [続きを読む]

« West Wingな日 | トップページ | Mikki Bleuな日 »