フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Charles Earlandな日 | トップページ | The Floaters & Shu-Gaな日 »

2007年11月13日 (火)

Brian Greenな日

Brian_green 最近は、音楽、漫画、本などをヤフオクの仕入れとして買うことも多くなった。しかし、やっぱりいいものは手元に残しておきたい。昨日も仕入れを行ったのだが、半分は売らずに置いておくことに決めた(商売人がそれでいいのか?!)。今日の昼は、その中の一枚Brian Greenの「One Stop Carnival」を聴きながら、これも以前買ったやまだ紫の「しんきらり」を読んだ。なんでこんな日記風のことを書くかっていうと、その二つが良過ぎたのだ。Brian Greenの方はレビューで書くとして、「しんきらり」について、少し書こう。主人公は夫と二人の子供を持つ主婦。その彼女の主婦としての生活を描いているのだが、非常にリアルに、そして読み物としての完成度が高く仕上がっている。子供の育て方に関しての考え方、そして今の自分の生活に関しての考え、など非常に興味深いし、自分の親もこんなこと考えながら、育てていたのかなぁ、なんて考えてしまう。こういった内容がある種、詩的に表現され、すらすらと読み進められてしまう。そして、全編を通して、辛いこともあるけれど、つつましく幸せな生活に見える。このマンガが発行されたのは、1982年。まだ、僕が生まれる前の話だ(フィクションだけど)。それから、25年が経った今では、物事の価値観も相当変わっている。それでも、読み終わった後に共感を覚える普遍的な何かがこの漫画にはある。名作です。ってな、漫画レビューを終えて、本題の音楽へ。今日、紹介するのは、先ほども出てきたBrian Greenの「One Stop Carnival」。

96年発表。このジャケだけ見ると、ついにnaffgrooveもネタ切れか、ってな憶測が生まれそうだけど、これは隠れた良盤。まずこのBrian Greenって人の本業は、役者。結構なドラマにも出てたっていう話です。ヒップホップでは、本業以外の人でもShaquille O'Nealなんかが、やってるしね。でも、シャックのよりも数段レベル高いなぁ。それは、ラップのレベルではなく、音作りに関して。本作での音は、西海岸ニュースクールの流れを汲んだものでで、ジャジーなメロウ感が強い。実際にサンクス欄にはBlack Eyed Peas、Pharcyde、Ras Kasといったその流れに属するアーティストが列挙されているし、Will I Am(Black Eyed Peas)とSlim Kid-3(Pharcyde)は実際にアルバムにも参加している。Brian GreenのラップもPharcyde系のゆるい感じが出ていて、悪くない。そんな本作を代表する曲といえば、スチャダラパーの"サマージャム’95"(こっちも、鬼名曲)と同ネタの"That's Right"。このジャジーなレイドバック感のあるネタはBobby Hutchersonらしい(欲しいっ!)。でも、それをこのヒップホップのドラムと絡ませたことが功績でしょ。最高のレイドバックチューンに仕上がってます。でも、スチャのが1年前なんだよね。"That's Right"のイントロは日本人の女の子が関西弁で喋ってるところから入っているから、もしかしたらインスパイアされたのかも(この曲に参加したWill I Amの彼女が日本人だったことも関係あるかも)。他収録曲にもメロウなものが多く、アルバム自体の完成度も相当高い(一貫性もある)。さらに、今のジャジーヒップホップにつながるかのような"You Send Me (Jazz Mix)"といった楽曲も収録している。この曲は、きれいなピアノの旋律と刺激的なドラムが絡み合う最高な一曲。ぱっと聴きは、まさに今のジャジーヒップホップだな。ジャケだけなら、必ず通過してしまうアルバムだが、中身はしっかり詰まってます。今日からジャケ覚えて、あったら買ってくださいな。

いやぁ、いい音楽にいい漫画、最高ですわ。「しんきらり」を読了した後に、色々なブログでどんなこと書いているか見てみたが、どれもいいこと書いてあるんだよなぁ。やっぱり、名作にはみんなちゃんとしっかりとした意見が書かれているもんだなぁ、と感じましたよ。このマンガは本当にいい。今年読んだ中でも、三本の指には入るな(一番かも)。皆さんにも読んでもらいたいすわ。今でも、僕が読んだ「しんきらり」と「続しんきらり」を併せた「しんきらり(全)」がちくま書房から出ているみたいだからね。昼の日差しを浴びながら、ベットの上で、Brian Greenの「One Stop Carnival」を聴きながら、「しんきらり」を読んでください。

« Charles Earlandな日 | トップページ | The Floaters & Shu-Gaな日 »

Hip Hop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/8899121

この記事へのトラックバック一覧です: Brian Greenな日:

« Charles Earlandな日 | トップページ | The Floaters & Shu-Gaな日 »