フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Beres Hammondな日 | トップページ | Cali Life Styleな日 »

2007年11月22日 (木)

Controllersな日

Controllers 今日、生まれて始めて、中目黒、自由が丘というちょっと高級感のあるお洒落都市(わたすの超個人的イメージだす)に行ってきた。行ったのが、6時頃ということもあって、街も暗くそんなお洒落感は漂っていなかった。それでも、ほぼ乗ったことのない東急東横線にはちょこっと緊張。では、なぜ、そんな街に行ったかというと、その理由はただ一つ!ブックオフに行くため…(しょーもな)。どちらも結構大きい店舗だし、自宅から片道300円程度で行けてしまうので、これは行かない手はないと思いまして。で、成果はどうだったかというと、微妙なところ…。CDはあまりいいものがなくて、11枚しか買わなかった(でも、そん時買ったDonald Fagenの「Morph The Cat」は、昔、バイト先でよくかけた盤で、感慨深い再開)。でも、本はなかなかに掘り出し物があって、大満足。ダライラマの本が100円で、どかっと置いてあったし、なんとアマゾン価格38700円の大物(陶磁器の本)も100円で転がってた。これがいくらで売れるか楽しみじゃ。けっけっけ。とか考えながら、今日は、Controllersの「In Control」をご紹介。

77年発表。レーベルはFrederick Knight主催のJuana。Controllersっていうと、南部のグループってことで、一般的な人気がどうにも低い気がしてならない。かのUSブラックミュージックガイドにも半ページを割いて紹介されているのに、この市場価格の安さはなんなのだと言いたい(人気ないなぁ)。でも、本当に70年代後半から80年代の南部モノのレコードは総じて価格が安いんだよなぁ。でも、それを払拭するかのような内容を本作は誇っているし、他のアルバムのレベルもみな高い(80年代半ばにはハッシュとも組んでるし)。そんな内容の高さを証明するのは、Frederick Knightのつくり出す音と、Controllersの歌のうまさの相乗効果があるからこそ。そのレベルの高さがあるからこそ、アルバム冒頭の"People Want Music"といったディスコタイプの楽曲でも、最高のものに仕立て上げてしまうことが出来る。このノリにこの歌いっぷりはやっぱりいい。前奏が異様に長い"Heaven Is Only One Step Away"もヤバイくらい出来のいいスロウ。もういっちょスロウの"Somebody's Gotta Win"も最高。やっぱり、歌に実力があると、本当にいいものが出来上がるという好例。音も当時の南部モノに比べて、モダンなところが功を奏したか、本当にまとまりのある素晴らしい一枚に仕上がっています。

昨日、ヤフオクで売れた本に「あるモデルの自画像」というものがあった。それは、絵画のヌードモデルをしている女性が自分の考え、職業に対しての思いを描いた本で、非常に興味深いものだった(売れてしまったので、飛ばし読みした程度だったが…)。一冊、2000円という比較的高値をつけていたのだが、売れてしまった。そのとき、Grooveのニューソウル特集で亀田源三郎という人が、J.R. Bailey「Just Me'n You」の紹介文にこんなことを書いていたのを思い出した。「愛聴盤であった。しかし、オレは中古レコード屋をやっていて自分ではなるべく所有しないと決めてて、それでもなるべく売れないように高い値段付けといたけど、結局売れちゃった。」っていうのをね。少し同じ気分を共有できたような気がした。

« Beres Hammondな日 | トップページ | Cali Life Styleな日 »

Soul & Funk(70's)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/9064138

この記事へのトラックバック一覧です: Controllersな日:

» 元ヤン木下優樹菜の恥ずかしい過去映像 [元ヤン木下優樹菜の恥ずかしい過去映像]
10代で酒飲んで全裸で大騒ぎしちゃうんだからなかなかすごいですな(汗)しかも違う映像が二つもありました。。。 [続きを読む]

» 16歳、仲村みうの具が見えちゃった! [16歳、仲村みうの具が見えちゃった!]
未成年とは思えない色気の彼女。きわどいポーズも多いからうっかり見えちゃった…なんて事が多いみたいですね! [続きを読む]

« Beres Hammondな日 | トップページ | Cali Life Styleな日 »