フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Paris Matchな日 | トップページ | Controllersな日 »

2007年11月21日 (水)

Beres Hammondな日

Bares_hammond ヤフオクの商売始めてから、早2ヶ月くらい。20日締めでの今月の売り上げは12万に到達しました!よっしゃー!ってことで、喜んでいるのだが、こんな売り手が入れば、買い手もいるってーのが、オークションの世界。でも、ソウルの世界は狭いなって感じる出来事がこの前あったんです。ソウルのCDも出品している僕なのだが、この前、Spinnersの「Spinners」("I'll Be Around"が入ってる超名盤)を出品したのだが、すぐに入札が入った。それで、その人の履歴なんかを見ていると、なんか見覚えが…。そう、それは僕がよく見るソウルのブログで紹介されている盤が盛りだくさんだったのだ。これはっ、と思い落札が決定してから、聞いてみるとやはりご本人。ちょっと、ソウルな会話が楽しめて大満足。でも、このブログのことは伝えなっかたんだな(恥ずかしがりやなもんで…)。まあ、人知れずやってんで、見て、「おっ」と思った人は来てね、っつーブログだかんね。細々といきますわ。てなことを考えた今日は、Beres Hammondの「Soul Reggae」をご紹介。

76年発表。このアルバムのことを知っているソウルファンはどれくらいいるのだろう。Beres Hammondというと、現在でも前線で活動を続けるレゲエシンガーというイメージが強いけれど、このアルバムではレゲエが4曲、ソウルが7曲という配置になっている。基本的にはレゲエシンガーということで、レゲエに分類させてもらったが、ソウルのカテゴリに入れても遜色ないことは確かだ。そもそも、レゲエという音楽はアメリカから流れてくるR&Bと土着的なソカなどが混じって形成されていったと言われている。よううするに、原点の一部はアメリカのソウルなのだ。だから、カバーも多いし、70年代後期に活躍したSoul Syndicateなどはソウルの楽曲も残している。そんなソウルを歌ったジャマイカ産アルバムの中でも最高峰なのが、本作。70年代後期のメロウな感覚を存分に生かしたソウルを披露してくれている。特に"Somebody Leid"なんかは、アメリカ産に勝るとも劣らないメロウなモダンソウルに仕上がっている(メロディラインも最高!)。同タイプの楽曲では"You Don't Have To Lie"もいいなぁ。切な系の"Oh Take Me Girl"もなかなか。レゲエの楽曲では"Your Love Won't Shine"がよい。でも、Beres Hammond的には振り切れるまで歌えるソウルの楽曲の方が合ってそうな気がする。ジャマイカに生まれた最高のソウルアルバム。

いやぁ、でも、ヤフオクで落札してくれたブログを書いてる人とメールをしているときにうっかり"I'll Be Around"を"I'll Be There"って書いて送ってたんだよね。もしや、エセソウル好きだと思われたか?!なんて心配をしてるんだが、どうも楽曲の名前やアルバムのタイトルとか覚えられないんだよなぁ。特定のアルバムを指したいときでも、~の~枚目みたいにして言っちゃうクセがありまして…。どうも、覚えが悪い。これも、老化現象の始まりか?!「あれ、あれ、ほらっ、あのやつだよ~」っていう、全く的を射ない発言をしてしまう今日この頃です。

« Paris Matchな日 | トップページ | Controllersな日 »

Reggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/9047665

この記事へのトラックバック一覧です: Beres Hammondな日:

« Paris Matchな日 | トップページ | Controllersな日 »