フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Willie Hutchな日 | トップページ | Dj Quikな日 »

2007年12月 4日 (火)

Main Ingredientな日

Main_ingredient音楽大好きっ!月50枚くらい買ってますっ(最近は若干減ったが)!って言うものの、ちゃんと聴けてる盤って何枚くらいなのだろう。今、家には4500~5000枚程度のレコとCDがあるんだが、一年以上聴いていない盤が少なく見積もっても75%程あるんじゃないかなぁ。一度も聴いてない盤も15%くらいあるかも…(100円セールとかで、こんな安いならいちよ買っとくかって、一度に50枚以上買ったこともあったし…)。これを考えると、最悪な気分になってくる。僕は、音楽好きだって言っているけど、本当は音楽が好きなんじゃなくて、音楽を買って消費欲求を満たしているだけなんじゃないかなって。つまり、OLがブランドもん買って満足しているのと変わりはないのかもしれないってこと。これを考えると、本当に萎えてくる。ここで認めてしまうと、確かに消費欲求を満たしたいという要素はある。しかし、それだけじゃないはず。新しい良い音楽を探したいっていう探究心は強いと思う。しかも、そんな探究心だけは、負けないぞっていう自尊心から、この「naffgroove」っていうブログやってんだしさ。ちょっとしみじみしながら、今日はMain Ingredientの「I Just Wanna Love You」をご紹介。

89年発表。Main Ingredientっていうと、70年代に3人組でやっていた時期が有名。その頃の作品でさえ、ちょっとポップ感が高かったためかあまり高い評価は受けられていない彼らだが、実力は確かなもの。70年代の作品も確かに良いが、70年代後半に中心だったCuba Goodingがソロ転向し、それが久々に戻っての本作は本当によい出来なのだ。80年代の音にも難なく乗っていけたベテランコーラスグループが少ないだけに、Main Ingredientは貴重な存在だということが出来るはず。でも、ベテラングループの80年代作品の成功例は、やはり機械的なスウィートな音を提供するところにあると思う(Ray, Goodman And Brownしかり、Blue Magicしかり)。下手にアグレッシブな姿勢は必要なく、ベテランはどかっと構えてればいいということなのかもしれない。本作でも好内容を誇るのは甘いスロウ、ミディアムが中心だ。まず、挙げなければならないのは、冒頭の表題曲"I Just Wanna Love You"だろう。美しいピアノとコーラスに乗せて歌うCuba Goodingの歌が最高なミディアム。スロウではこれまたメロメロにメロウな"Nothing's Too Good For My Baby"がもうたまらない。まさに80's使用のスウィートソウル。"Never Give Up On Love"もポップだが最高。確か2~3年前に国内盤の再発も出たので、手にしやすいと思うので、ぜひ聴いてもらいたい一枚。

さっき、「探究心だけは、負けないぞっていう自尊心」って書いたが、これも崩れつつある。でも、これはネガティヴな捉え方ではなく、僕よりもさらに探究心を持ち、音楽を愛してる人たちがいるんだなと実感したからだ。本当にソウルのブログは、マイリンクにさせてもらっている2naさんのものを代表として、黒~いものが数多い。そこが毎日僕の知らない盤を紹介していくんだから、たまったもんではない(うれしい悲鳴)。でも、切磋琢磨だね。僕も人の知らなそうなのも紹介してんで。しかし、ソウル奥の細道は、そこに迷い込んだ人たちで大渋滞だな。だったら、もっと道が広くなりゃいいのにね。

« Willie Hutchな日 | トップページ | Dj Quikな日 »

Soul & Funk(80's)」カテゴリの記事

コメント

まいどどうも2naです。たまに名前出してもらってありがとうございやす。
代表だなんて(たまたまだと思いますが)恐縮至極です。

ホントブログされてる方たちは音楽詳しいですよね。自分はネットデビューして間がないままブログ始めたんで、やっちまったかなーと少し思いましたねぇ。
でもnaffgrooveさんにリンクさせてもらったりして刺激受けつつマイペースでなんとか続けてます。これからもよろしくです。

naffgrooveさんとはおそらく10ほど離れていると思いますが、単純に4500~5000枚ってスゴいですね〜(ちなみに自分は4000いかないぐらい)このまま10年順調に行けば万枚になりますね(笑)噂だと今は万枚所有してる人もザラらしいっす。さすがに自分は一度も聴いてない盤は無いので少し安心しました。
ソウル奥の細道手前の茶屋で休憩しっぱなしです。

全て聴いてるっていうのは、本当に偉いですよね(ってそれが当たり前の姿か…)。
僕の場合、昔はアホ買いばっかしてて、友達と一緒に買いに行ったときとかでも、友達に「そんなん買うの?」とか言われるんですけど、「こんだけ安けりゃ、史料価値だよ」なんて返しちゃうくらいだったんですよね(最近は買う量も落ち着きましたが)。冷静に考えたら、史料価値ってなんだよって話で(苦笑)。
でも、他のソウルブログの方たちって本当にすごいですよね。アーティスト、プロデューサー、ミュージシャン、曲名、レーベルとかの知識量が半端じゃないです。それを見て、非常に勉強になったり。
4500~5000枚持ってるって言ったんですが、僕の持っている盤って本当に玉石混合で(石が50%以上か?!)、やっぱり少数精鋭のほうが格段にいいと思います。レコやCDは持ってるだけで、相当スペース取りますし。僕もそうそう聴かないような盤の購入は控えます…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/9255733

この記事へのトラックバック一覧です: Main Ingredientな日:

« Willie Hutchな日 | トップページ | Dj Quikな日 »