フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Rachelle Ferrellな日 | トップページ | Arts The Beatdoctorな日 »

2008年1月13日 (日)

Ace Spectrumな日

Ace_spectrum 年末年始は風邪やら予定やらで、てんてこまいだっただけでなく、事件まで起こりました…。年末は風邪&予定で、部屋で音楽を聴く時間がなく、やっと年も明けて1月2日くらいにLonnie Smithの「Afro-Desia」でも、久々に聴こうかと思って、くるくるまわし始めたら、「んっ?!」と。なんか音が小さいなと思って、近づいてみたらL側から音が出ていない…。スピーカーの線でも外れたかと思って、裏をチェックしても全く正常。スピーカーが壊れたかと思い、ヘッドフォンを差し込んだら、またL側から音が出ていない。あぁ、アンプが逝ったのかと。高校時代から7年近く愛用していたDENONのPMA-915という機種だったんだが、こんなにも突然壊れてしまうなんて…(まあ、当時、ジャンクショップで2000円くらいで買ったものだったが)。しばし、感傷にひたったが、これじゃ音楽は聴けんぞということで、近くのHard Offなどに行くが、いいものは高いし、安いのは動くか分からないようなものばかり。新品で買うような財力はないので、こんなときはやっぱりヤフオクに頼るしかないと思い、色々なものをチェック。結構安い値段帯で、多くのものが出ているんだが、何がいいのかさっぱり分からんです。KENWOODのKAF-5002、A-1001、ONKYOのA-917なんかをウォッチリストに入れているんだが、性能はどんなもんなんだろうか?!まぁ、もともとハードよりはソフトにこだわるタイプなんで、そこそこやってくれれば、大丈夫なんだけどさ。送料込みで5000円くらいで済ましたいもんです。なーんてことを考えながら、今日は、Ace Spectrumの「Just Like In The Movie」をご紹介(ミキサーに直接ヘッドフォン差し込んで、聴いてます…)。

76年発表。USブラックディスクガイドでは紹介されず、林剛さんの「70年代ソウル」でも、「Low Rent Rendezvous」の方が紹介されていたりと評論化筋にはあまり人気のない盤なのかも。でも、メロウな音が好きな人には1~2枚目よりもこっちの方がしっくりくると思います(1~2枚目もなかなかのもんだが)。アレンジャーとして、Patrik Adamsという甘茶業界の巨匠が参加しており、これも注目すべき点。A面はアップナンバー主体となっているが、この出来もなかなかのもので、少しディスコ臭いきらいがあるかもしれないが、このタイプのディスコ臭さって個人的には大好物。メロウさと疾走感を兼ね揃えた"Magic Touch"、"Sooner Or Later"の2曲が最高。Patrik Adamsのライターとしての実力も存分に垣間見える出来。これに続くB面も素晴らしい出来で、まずはB面冒頭の"Sweet Magic Soft Lights And You"に聴き入ってしまう。このドリーミディアムにはライターとして、J.R. Baileyが参加しており、その出来にはただただ納得するばかり。でも、本作でのハイライトは、やはりCaresにもカバーされたタイトルトラック"Just Like In The Movie"というこになるはず。このメロディラインは、本当に切な甘くて、染みてきます…(泣)。紹介した4曲の出来は、本当に素晴らしく一級線。Ace Spectrumを買うなら、このアルバムを最後にしてください。そうしないと、期待を裏切られてしまうことになるから。

でも、世の中って、ソフトよりもハードにこだわる人も多いわけです。それは、一般的に「オーディオマニア」と呼ばれる人種の人たち。実は、僕のおじさんがこのタイプの人で、ホームシアターなんかを組んじゃってるお人。正月なんかに顔をあわせると、僕が音楽好きだっていうのを知っているから、いつもオーディオについて熱く語ってくる。「うちのは、コードも全部線が金だからね」っていう話は、3年連続くらいで聞いた気がする…。でも、憎めないいい人なんだけどね。しかし、オーディオマニアっていうのは、ソフトにはあんまりこだわらないんだよなぁ。いい環境整えても、いい音楽聴かないことには生かしきれんだろう、なーんて思うんだが、やっぱり音楽マニアとオーディオマニアは相容れない存在なのだろう。僕も出来ればいい音環境で音楽を聴きたいが、まずはソフト!ってことで、今年もばんばん買っていきまっせ~。

« Rachelle Ferrellな日 | トップページ | Arts The Beatdoctorな日 »

Soul & Funk(70's)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜。今年もバンバン買って生きましょう!って自分はアレなんでそれなりにがんばりますが。
スピーカー片方出なくなるの自分もあります。針が死んでる場合があるのでご注意下さい。自分は何回かありました。
Ace SpectrumはCD再発もあったのかな。アナログ盤も昔はよく見たけど今はどうなのかな?って感じで好きな曲あるんで取り上げようと思てました。
甘茶業界(笑)では定番のJust Like In The MovieはAce SpectrumーCaressーBloodstoneの順番で聴きましたね。
今年もボチボチやっていきましょう。

今年もよろしくお願いします。
僕も音が出ないか色々と試したのですが、CD、レコード、テープをかけて、アンプにヘッドフォン差し込んで聴いてみたのですが、やっぱり駄目なようです。で、アンプを買おうとしているのですが、ヤフオクではオーディオマニアが強敵でいまだに購入ならずで…。早くスピーカーから音楽聴きたいっす。
甘茶業界って確実にありますね(笑)。Bloodstoneがやってるのは知りませんでした。すごい興味あるんで、「Do You Wanna Do A Thing」見つけたら、購入します!今年もいいもんいっぱい買います(笑)!

(ミキサーに直接ヘッドフォン差し込んで、聴いてます…)って本文にありましたね、針じゃなかったですね・・失礼しました。早いとこアンプ見つけてストレス溜まる前に音出したいっすよね。
Bloodstoneのカヴァーも結構いいですよー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/9826041

この記事へのトラックバック一覧です: Ace Spectrumな日:

« Rachelle Ferrellな日 | トップページ | Arts The Beatdoctorな日 »