フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Roy Hargrove(RH Factor)な日 | トップページ | ドイツでDelegationな日 »

2008年2月24日 (日)

Amuzement Parkな日

Amuzement_park 来週の月曜からヨーロッパの方に旅行に行ってまいります。わーい、初の海外だぁ~い。なーんて、うかれていますが、実は僕、旅行に関してはそうも素人中の素人で、楽しみ方があんまり分からないんです…。観光スポットに行って、「すごいね~」とか言ってても、なんか退屈になってしまうんだよね。それなら、むしろその今まで踏み入れたことのない街(観光スポットなどではなく)をふらふらしてみたい。知らない街の雰囲気やまだ自分の中では未開の地であるその場所に対する探究心なんかは豊富だかんね。日本でも、いつも、自転車に乗りながら、それぞれの街のレコードショップや古着屋、ラーメン屋からブックオフまで(笑)、行ってるくらいですから。だから、ヨーロッパでもそれを実行する予定。ドイツ(フランクフルト)、フランス(パリ)、イギリス(ロンドン)という三カ国を回る強行軍だけれど、そこはもう次はいつ来れるか分からないってことでさ。フランクフルトでは、オールドアディダスが売ってる古着屋さんなんかに行ってみて、パリは普通に観光(カフェでカプチーノ飲みながら、パリジェンヌ観察なんかもね)、ロンドンはレコ屋とサッカー観戦(プレミアのチケットは取りにくいらしいが粘ってみます)てな感じです。実際にはどうなることやら?!まあ、そこは帰ってきてからのブログをご覧ください。ってな感じで、今日は、Amuzement Parkの「Amuzement Park」をご紹介。

82年発表のアルバム。レーベルはDunn & Bruce Streetの「Official Business」のリリースで知られるMinus Music Incというところ。その縁もあってかDunn Pearson(キーボーディストとして、数々の作品に参加)がプロデュースを担当し、かの作品と同じくメロウでアーバンな作風に仕上がっている。さらに客演ヴォーカル陣は豪華で、Norma Jean、Tawatha Ageeなんかも参加。これだけで期待が膨らむものだが、実際の内容だって負けてない。70年代~80年代にかけての過渡期的な作風で、以前紹介したMadagascarなんかに雰囲気がよく似ている。ディスコな残り香が多少あって、それでもシンセの使い方などから新しい時代への変化が感じ取れる。奇しくもMadagascarをプロデュースしていたJohn Barnesも売れっ子セッションキーボーディストだったな。80年代前半はキーボーディストがシンセをうまく利用した作品を出しているのかも?!なんて推測も出来ますわな。脱線しましたが、軌道修正して曲紹介を。まず、僕が取り上げたいのは軽快なミディアム"So Inspired"。このポップなメロディラインと心地良い音のコンビネーションは抜群ですよ。"Do You Still Love Me"、"Who Do You Love"といった甘~いスロウの出来も素晴らしい。軽めのファンクチューンも聴きやすくて、なかなかよいです。80年代前半過渡期的時期のメロウな名盤です。ここまで無名なのはちょっとおしいかな。

まあ、やっぱり海外でのレコ買いってのには夢も膨らむわけで…。そこはちゃんと予習しとかないとね。ってことで、事前に内門洋+ミズモトアキラ著「レコード・バイヤーズ・ダイアリー」を読んどいたわけですよ。いやぁ、ヤバイですね、内門洋。まさしく「レコード狂の詩」でした。吉祥寺のBallroom Recordなんかも行ったことあるしね(他で安く購入したレコがあんま良くなかったんで、転売させてもらいやした)。ロンドンのレコ屋も何件か載っているんで、参考にさせてもらいます。いやぁ、なんか気分上がってきたぁ!よしっ、いざヨーロッパへ、しゅっぱ~つ!!

« Roy Hargrove(RH Factor)な日 | トップページ | ドイツでDelegationな日 »

Soul & Funk(80's)」カテゴリの記事

コメント

いいな〜ヨーロッパ旅行羨ましいです。
Amuzement ParkとDunn & Bruce Streetはレコ屋で見かけてもあまり気にしてなかったけど、今度見たら聴いてみよう。
気をつけて行ってらっしゃいませ。

ありがとうございます。
海外自体が初めてなんで、異国の空気を味わえたらなぁ、なんて思ってます。でも、やることは日本国内と似てたりして…。しかし、街の雰囲気なんかを存分に味いたいな。
Amuzement ParkやDunn & Bruce Streetは、値段は安いですが、内容は結構おいしいですよ。打ち込み前の柔らかでメロウな音が楽しめます。
帰ってきて、また、「Today's Special Is...」で紹介されている新たな盤を楽しみにしています。では、いってきま~す♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/10690476

この記事へのトラックバック一覧です: Amuzement Parkな日:

« Roy Hargrove(RH Factor)な日 | トップページ | ドイツでDelegationな日 »