フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Yes 80's!!!なZo! And Tigalloな日 | トップページ | Chestnut Brothersな日 »

2008年7月31日 (木)

Anthony Watsonな日

Anthony_watson 最近、レコ屋で働き始めたからか、インディソウル好きが加速しています。以前はむしろ反対派(「なんで、R&Bというメジャーでやっていける実力の人たちのフィールドがあるのにわざわざマイナー盤買わなあかんねん!」っちゅー理屈ね)だったんだけど、お店で働いてると、これまた良質な作品がごろごろあんのよ(最近入ったChestnut Brothersのシングルなんてヤバ過ぎ)。でも、今のアーティストに投資するってことが、ひいてはソウルを残していくことにつながるわけだから、やっぱり新譜、それも自分がいいと思うアーティストの作品を新品で買う重要性は高いのではないかという結論に至ったんですよ。でも、やっぱ新品買うのはちとツライ…。ここらへん、音楽好きのジレンマですよね。バランスとって買ってきましょ。。。てな感じで、本日はAnthony Watsonの「Anthony Watson」をご紹介(ってめっちゃ中古盤やん)。

85年発表のアルバム。指からビームジャケで有名な本作(んなアホな)。まあ、のちにChi-Litesに参加といった基本知識はUSブラックディスクガイドで詳しく触れられているから、ここで蒸し返す必要はないかな。で、肝心の内容はというと、典型的な玉石混合盤。楽曲の出来に天と地ほどの差があるってな感じですわ(まあ、そういうアルバムって結構あるから、不思議だよね。この曲とあの曲は本当に同じ力で作ってんのか?!と)。まあ、天が一曲ありまして、この曲のためだけに買うっていうのはある意味真実ですね。それがB面冒頭の"Solid Love Affair"。甘茶界隈でも高い評価を受けるこの曲は本当にスウィートな傑作。甘い泣きのメロディにどこか不安定に感じさせられるファルセットが本当に好相性すね。次に続くのがA面冒頭の"Every Time We Touch"。こちらはぐっとアーバンな楽曲。いい雰囲気の曲なのだが、どうもイキきらない歌メロがもどかしい。"Lover Man"も悪くない出来。その他の地声で歌ったスロウ群は若干アラが見える感じかなぁ。アップナンバーは聴けた代物じゃあないすね。まあ、80’s弱マイナーな佳作。千円台後半で探しましょ(2800円出すと、若干後悔するかも…)。

« Yes 80's!!!なZo! And Tigalloな日 | トップページ | Chestnut Brothersな日 »

Soul & Funk(80's)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/22668685

この記事へのトラックバック一覧です: Anthony Watsonな日:

« Yes 80's!!!なZo! And Tigalloな日 | トップページ | Chestnut Brothersな日 »