フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« Pocketsな日 | トップページ | Missionな日 »

2008年8月28日 (木)

Larry Levanな日

Larry_levan 2週間前くらいにCD&レコ掘りに出かけたんですが、折りしもそのときはどっかの花火大会があったらしく若い浴衣姿のカップルがわんさかおりまして…。「なんじゃい!こちとらレコ掘りじゃい!!」と空元気を出してもかなりむなしいもんでした。。。まあ、そんなときでも冷静に目標を達成していくのが、この道もう8年近くやってるベテランのなせる業。その日も順調に買いだめし、ホクホク顔で帰り道を歩いてると、頭にポチャ。なんか、雨にしては重量感があるぞと思って触ってみると、鳩のフン。生まれてもうすぐ24年になりますが、こんなこと今までないっすよ。頭に鳩のフンなんて、漫画でしかみたことないわいっ!しかも超クラシックなネタだし。これはクラシックなネタが今後も起こりうるっていう前兆ですか?なら、急いで学校行くときに曲がり角で、ぶつかったカワイイあの娘が今日からうちの学校に来た転校生だったっていうのがいいすね。って、もう学生ちゃうか。。。てな妄想をしながら、今日は、「Larry Levan Live At The Paradise Garage」ご紹介。

00年発表のMIXアルバム(録音は79年)。確か以前、Larry Levanのライブ音源で世に出ているのは二つしかないという話を聞いた気がする。てことは、これがそのうちの一つということでしょう。ソウルファンにとっては、ディスコ、しかもクラブ的なアプローチの元祖とも言うべきLarry Levanは受け付けにくいものなのかな。そこらへんをどう捉えているのかは僕には分からないのだが、少なくとも個人的にはどストライク。音楽ってやはり根源的に「踊り」と切り離すことが出来ないものなわけだから、ダンスミュージックとして一時代を築いたソウルの分派(決して徒花ではない)「ディスコ」に目を向けるのも当然な流れなわけですよ(ちと強引過ぎんな)。「ディスコ」のよさってその繰り返されるグルーヴ感やパーカッシヴなビートによって、脳のリミッターが解除されるところにあると思いますね(例のレイヴパーティーとかとはちゃうよ。僕はインドアリスナーなんで)。その飛ばされる感覚がクラブミュージックの起源たる由縁でしょうな。で、それを演出するのがDJなわけなのですが、そのレジェンドオブレジェンドともいえるのがこのLarry Levanでしょう。選曲を見ると、有名どころが多いのだが、やっぱりセレクトがソウル的な観点とは明らかに違うな。でも、それがぶっとい低音を軸に次々とつながれていく内容はやっぱりすごい。この当時からこのミックス技術を持っていたことにも舌を巻くなぁ。79年だもんなぁ。これを通しで聴くと、「ディスコ」の底力、Larry Levanの圧倒的な魅力を感じることが出来ますわ。聴かず嫌い厳禁!

« Pocketsな日 | トップページ | Missionな日 »

Club」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/23133406

この記事へのトラックバック一覧です: Larry Levanな日:

» ★山本モナ ハメ撮.り映.像.流.出!!【D.VD.動.画】 [★山本モナ ハメ撮.り映.像.流.出!!【D.VD.動.画】]
山本モナ 動画 画像 二岡 2ちゃんねる 五反田 ホテル 写真 復帰 鈴木桂治 ブログ 不倫 退社 アナウンサー 細野豪志 2ch フライデー 降板 キス 椎名 民主党 サキヨミ DVD 盗撮 SEX [続きを読む]

« Pocketsな日 | トップページ | Missionな日 »