フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月 6日 (金)

Dogg Masterな日

Doggmaster まあ、僕が酒好きってのは、くどくどとこのブログにも書き綴ってきましたが、最近、晩酌でよく飲んでるのは発泡酒(1番目ね)と焼酎。酒に対するあては、そのときどきどきによってマイブームがあるんだけど、今一番はなんつっても、芋けんぴ!「え~?!甘いもんで酒かよっ!」って多くの人は考えそう(というか僕も少し前まではそっちのタイプでした)ですが、これがなんと抜群の相性。ビールはポテトフライと合うわけだし、原材料同じ同士の焼酎と芋けんぴはばっちしでしょう。まあ、ぜひ一度お試しあれ。さてさて、本日ご紹介する盤に関しては、あるソウル系のフリーペーパーにも私が駄文を載せてまして(探してちょーだい)、それの完全版と思っていただければいいかなと。300字じゃほとんどいいたいこと言えないんで、これくらい書ける自由なフィールドは重要なわけです。てな感じで、本日はDogg Masterの「Injection」をご紹介。

「はーい、おちゅうしゃうちますからねぇ~。いたいのがまんしてくださいね~。」って射ち込もうとしてる薬「FUNK」や~ん!、てなジャケからして全くそそられない一枚…。でも、注射ジャケには名作が多いらしい(ウソ)。まあ、そんなジャケには全然そそられない一枚ですが、このアルバム結構やるんすよ。昨今のR&Bでは、オートチューンっつーのが流行っているらしいですが、元祖コンピューターヴォイスはなんつってたって、トークボックス!そんなRogerから脈々と受け継がれる伝統芸能を、本流とはかけ離れたフランスの地で奏でるのが、本作の主役Dogg Master。そんな彼が作り上げる音は、Fingazzらチカーノ系のスウィートなものとは一線を画す内容に。イントロ開けの「Bedroom Dance」から始まるのは怒涛の80'sディスコファンクサウンド。固いドラムマシン、キレのあるエレキベース、アーバンさを味付けするシンセに小気味よいカッティングギターと、相当完成度の高い模造品に仕上がっています。これじゃケツの青い若造はオリジナルと間違えちゃいますよっ!しかし、去年出たCool Millionといい、過去のサウンドを洗練させ現代に蘇らせる欧州人は本当に秀才ですよね。でも、この秀才はちとやりすぎ。後半のラップサイドではウェッサイヒップホップシーンの大物のトラック作りを完全に模倣しちゃってます。"Figure Imposee"でのレイドバックファンクな音は完全にDJ Quick。さらにWarren Gを真似た"Dedicated"ではご丁寧にNate Doggの偽物が絡む周到ぶり。でも、両方とも真似とは分かっていても、抗えない気持ちよさがあんだよね(bonobosみたいなもんか)。なんか憎めない奴Dogg Masterには、なんか今後もお世話になっちゃいそうっす。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »