フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

やべっ!ついに7に手ぇ出しちまったVerdictな日

Verdict ソウル買うなら7inch。まあ、こんな話がまことしやかに巷に流れているわけですが、正直な話、私いままで7inch童貞でした。でも、ついに、この前買っちゃったわけですよ。ドーナツ盤とやらを。よく行くソウル系のレコが安く売っている店に顔を出して、「最近、なんか入荷ありました?」と聞くと、「あんまり入ってないですねぇ…」という寂しい返答。「あっでも、7inchはちょっと入りましたよ。」と店の片隅から30枚くらい出てきましたよ、ドーナツ盤が。最初は、「どうしようかなぁ…」と思ったのですが、「まあ、この店は値段もやさしいし、聴いてよかったら、ひとつ殻破ってみようか!」という心持に至りまして、ぱらぱらと見ていくことに。見ながら、考えていると、「やっぱり、ブギーかモダンの7inchが欲しいなぁ」という思いが湧いてきました。でも、だいたいあるのが、70年代前半のもので、全く見たことないようなアーティストにレーベル。やはり恐ろしく深いであろう7inchの世界に一瞬たじろぐが、一枚だけ気になる盤を発見!プロデューサーがTom Tom 84でプレスが84年。モダンな香りがたっぷり!ということで、聴かしてもらうと、これがまた最高でして、まあ千円台ということもあり、買わさしていただきました。「わ~ドーナツドーナッツッ!」ってな感じで、本日はVerdictの「That's Where I Come In」をご紹介。

84年作。プロデューサーはTom Tom 84。レーベルは、Nuance Recordsというところで、80年代半ばにシングルを中心に10枚強のリリースが確認できる(http://www.discogs.com/label/Nuance+Records)。Chi-Litesを筆頭にNext MovementやWillie Claytonの楽曲もリリースしており、中規模マイナーレーベルといった趣か(所在はシカゴ?!)。このVerdictというグループ、たぶんLPのリリースはないと思われる。しかし、Michael Jacksonを髣髴させるキレのあるリードにスウィートなコーラスが絡み合い、Tom Tom 84が作り上げるモダンで有機的な80'sサウンドは抜群の相性を見せる。個人的にはMichael Jacksonの「Off The Wall」なんかに収録されていても全く違和感を感じさせないサウンドだと思う。B面収録の"Mr. Wizard"は、80'sダンスチューン。取り立ててよい部分は見当たらず、やはりこの手のグループには少し甘めなミディアム、スロウをやらないと合わないなということを痛感させられる。7inchおもしろいすね。これから買い始めまっせ~♪

音源はここにありました。⇒http://www.dailymotion.com/video/x4hazd_the-verdict-thats-where-i-come-in_music

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »