フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« ブラマヨ?Perfume?!Magooな日 | トップページ | 古本屋に共感しつつ、Lasoな日 »

2010年8月17日 (火)

Lloyd Millerな日

Lloyd_miller この前、コンビニに行って、ふと見た雑誌のコーナーで目についたのが「GINZA」っつー女性誌。なんで、それが目に付いたかというと表紙がめっちゃカワイかったから。誰だろうと思って、二度見したら安室奈美恵でした。Amuro_namie_3 いままで別段好きでもなかったけど、このショートやられるわぁ。顔小っちゃ!一緒にいた友達にそれ言ったら、友達も「あぁ、それヤバイよな」って以前見てたみたいでした。う~ん、雑誌買っちゃいそう。 ってなことを思いつつ、紹介する盤は安室ちゃんとは全く関係ないLloyd Miller & The Heliocentricsの「Lloyd Miller & The Heliocentrics」をご紹介。

2010年発売。ビッカビカの新譜です!東洋的な音楽要素を取り入れ、独創的なジャズを展開したLloyd MillerがNow Again所属の現行ファンクバンドThe Heliocentricsとタッグを組んだ作品。昨年、Jazzmanから出た編集盤で耳にして以来、確実に僕の中で今興味がある音の筆頭株に上がっていたLloyd Millerなのだが、まさか新譜が出るとは?!そしてこのクオリティー。名盤とされる「Oriental Jazz」に匹敵、いやそれをも超える傑作かもしれない。その音は、非常に陳腐な表現を用いてしまうと、NHK「シルクロード」のバック音楽がジャズと融合したといった感じだろうか。東洋といっても、それは日本や中国ではなく中近東の音が取り入れられているのだ。ピアノや管楽器が東洋的な独特なメロディを紡ぎ出すことによって、オリエンタルな雰囲気が漂う。そこにモダンなジャズの演奏が交じり合い、凡百のフェイクを淘汰する極上のスピリチュアルジャズが展開される。アルバム通して出来はよいのだが、個人的にはA面を一番推したい。静かに幕を開けウッドベースの一定の旋律にフルートを中心とした楽器が独特のメロディを重ねていく"Electricone"、スピード感のあるベースとドラムの絡みにピアノの美しい調べと管楽器でオリエンタルな空気を注入していく"Nava"、呪術的な雰囲気もある音の繰り返しが不思議な高揚感に導く"Mandala"と甲乙つけがたい内容に。The Heliocentrics単体のアルバムはそんなにおもしろくなかったが、ここでの演奏はドラムとベースを筆頭に出色の出来といえるはず。御年72歳でこれだけのイマジネーションを持っているLloyd Millerはさらにすさまじい。Strutの「Insporation Imagination」シリーズは気になっていたけど、このコラボは絶対に価値のあるものだと思うし、今後もレジェンドと現行との絡みに大きな期待を持たせてくれる。

« ブラマヨ?Perfume?!Magooな日 | トップページ | 古本屋に共感しつつ、Lasoな日 »

Rare Groove」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/36196791

この記事へのトラックバック一覧です: Lloyd Millerな日:

« ブラマヨ?Perfume?!Magooな日 | トップページ | 古本屋に共感しつつ、Lasoな日 »