フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年4月

2012年4月 5日 (木)

桜の季節の不安を吹っ飛ばすSweet Thunderな日

Sweet_thunder また桜の季節がやってきた。花なんてほとんど興味はないけれど、桜だけはどうしても目に入ってくる。単純に植えられている数が多いこともあるだろうが日本人の深層心理に刷り込まれているというか…。幼稚園の入学式から大学の卒業式まで自分の人生の岐路にはいつもあのピンク色の花が咲いていたような気がする。実際そうでなくてもそんな気がするのはそう刷り込まれているからなのではないだろうか。でも、頭の中を支配するそんなおぼろげで蜃気楼のような桜の中で実体としてはっきりと思い出すものがひとつだけある。 名所と呼ばれるようなところのものではなく、近所の空き地にあった。そこは都内の小さな一軒家が建つくらいの大きさで、背が低くて頭がでかい桜が一本生えていた。春になると花が空き地を埋め尽くし、道路まではみ出るくらいだった。初めて見た時は、その狭い空間を埋め尽くすさまに圧倒された。それを見つけた年から春になるとそこの脇を通ってその桜を眺めた。Sakura_6 止まってみるようなことはなかったけれど、毎回「やっぱ、こいつはすごいな」と思っていたことは確かだ。数年前、また春になったのでそれを楽しみにいつもとは違う帰り道を通り、今年もあいつを眺めておくことにした。が、着いてみるとそこにはピンク色のふてぶてしいまでにでかい塊はなく、本当にちっぽけなただの空き地になっていた。空き地の真ん中には切り株があった。そして数ヶ月後には駐車場になり、切り株もなくなっていた。なんか寂しいようなむなしいような気持ちになったことを覚えている。自分にとっての春は、なぜか少し不安な気持ちになることがある。なんだかよく分からないけどそう思う。それこそぼんやりとした不安か…。実体のある桜はなくなって、残ったのはおぼろげな桜にぼんやりとした不安。春は自分にとって向いてないのかもしれない。。。なーんてちょっと物思いにふけった文学青年風に書いてみたけど、いい音楽があるとそんなこともどうでもよくなるもんなんだよね。そこが自分のいいとこだったり♪そんな感じで、本日は春の処方箋Sweet Thunderの「Horizon」をご紹介。

79年、WMOTレーベル発。後にソロでも活躍するBooker Newberryを擁した白黒混合4人組ヴォーカル&インストグループによる作品。アルバムは3枚残しているが本作が最終作となる。彼らのアルバムは1STはまあまあといったところだが、指からビームジャケの2NDはそのジャケのクオリティに反し完成度は高い。特に"Baby I Need Your Love Today "を筆頭としたメロウな楽曲はすこぶる快調だ。それでも、迷いつつこちらを紹介したのには訳がある。それはミラクルな一曲を収録しているからに他ならない。その一曲とは、A面ラストを飾る"I Leave You Stronger"。コーラスグループのバラードといったスウィートでスロウな展開でスタートするも、曲の中盤で一気に転調しパーカッションが入ったアップナンバーへに早変わり。これがまさしくこみ上げ系とでもいうべき一曲で、フリーソウルファンも必聴のメロウモダンダンサーなのだ。パーカッシブなビートの上に響くホーン、殻を割ったように躍動するBooker Newberryのヴォーカルと完璧だ。この曲は、まさしくちゃんと聴いていないと得られないご褒美とでも言うべき存在。実際、僕がレコ屋で店頭に立っているときにこの盤を試聴したお客さんがいて、少し聴いてからキャンセルした。そこで、キャンセルされたレコードを取り出し店頭でこの曲をかけていると、転調してからちょっとしたところでさっきキャンセルしたお客さんが戻ってきて、「やっぱ、これ買います」と恥ずかしそうに言って買っていった。こういうときにレコ屋をやっててよかったなと思う。自分の知識を生かして、商品を売ることができ、お客さんも満足するからだ。しかし、この場面ではこの曲がそれだけのパワーを秘めているという証拠も示したと思う。やはり素晴らしい一曲であることが再確認できた。他収録曲は、スロウに佳曲はあるものの取り立てて述べるようなところはない。アルバムとしての完成度は2ndの方が高いと言ってしまってもいいかもしれない。しかし、"I Leave You Stronger"、この曲だけは忘れずに最後まで聴いていただきたい。そうすれば、このアルバムを買わないわけにはいかないはずだから。

« 2011年9月 | トップページ | 2012年8月 »