フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« 桜の季節の不安を吹っ飛ばすSweet Thunderな日 | トップページ | 師走はお疲れですなMichael Orrな日 »

2012年8月31日 (金)

人一人暮らしながら、Cindyな日

Cindy_2  私事ですが、齢27にして初めて実家を出て1人暮らしを始めました。まあ、1人暮らしといっても、実家から二駅しか離れていない近場ではございますが。。。とは言え、やはり引っ越すことには変わりはなく、レコ好きとして初めに考えることは、やはり「このレコードとCDどーしよ…」っつーことなんすよね。。。若輩者の私ではありますが、レコードとCDの総量はおおよそ5,000枚ほど。まず思ったのは、「全部持ってくのは到底無理!」っつーこと。じゃあ、「ある程度持って行って残りは売る」っつー考え。いやいや、ここまで相当苦労して集めた資料ちゃんたちはそう簡単には手離さへんでー!!っつーことでこの案は却下。やはり、実家に大半置いてって、厳選して持って行くという無難な案に決定(おとーさん、おかーさん、ありがとう!)。そうと決まったものの頭を悩ませるのはやはり取り捨て選択です。Heya_4いや、やってみると案外難航はしなかったのですが、今まで一軍を置いていた棚からは一枚も持ってこなかったというのはちょっと意外性のある選択だったかも。その一軍を選定したのが5年以上前っていうこともあるが、比較的最近買った優良株を持って行くことにした。やっぱり、そっちの方が新鮮味があるし、まだ聴いていないものも入ってるしね。でも、現金なもんで、レア盤はかなりの確率で選んじゃうっつー。なんすかね、このびんぼー症。。。そんなこんなで、450枚ほど持って来ました。うーん、普段聴く分には全く困らん。残りの4,550枚はいったいなんだったんだろうなんて思うけど、入れ替えたりもするだろーしさ。ちょい大目に見てよ。ちなみにCDは一枚も持って来ませんでした。やっぱ愛着の差が出たね。でも、MIX-CDの好きなんだけは持って来るかっつー案もあるにはあるんだが。やっぱ、スペース的な問題もあって、やっぱレコ優先っしょっつーね。そんな、引っ越ししてまで持って来た愛着盤の中から本日は、Cindyの「Love Life」をご紹介。

日本人女性シンガーCindyがKittyから86年に発表したアルバム。あまり高名なアルバムではないのですが、好事家たちには古くから知られる隠れた名盤らしい(他ブログでも紹介多数)。かくいう私も全く知らなかったのですが、某中古レコードショップチェーンの渋谷店に行ったら、ソウルコーナーでお初にお目にかかりました。最初、「んー、なんかのアルバムの国内独自ジャケかな」なんて思い拾い上げてみると、帯に「スティーヴィーワンダーの秘蔵っ子ヴォーカリスト…」の文字が。「へー、どれどれ」とか思いながら、裏ジャケ等見てみると、どうやら和モノのレコードらしいということが発覚。あまりよく分からないが、780円だしおもしろそーだから一応買っとくかと購入決定!家に帰り聴いてみると、しょっぱなからチープな80'sポップサウンドにウンザリし、トントントンと聴き進めていたところ、3曲目でピタリと止まった。そう、それが本ブログでも紹介しようと決心するに至った名曲"Inside Of Your Love"だったからだ。良質なポップスを感じることができる切なメロウミディアムというのが一番適当かな。エレピから始まり、日本産であることを感じさせる歌唱と切ない歌メロ、そしてなんといっても抜群のセンスをみせるのがコーラスワークだろう。70年代のコーラスグループものを聴いているようなスウィートな気分に浸れることは請け合いで、ここらへんがソウル好きの心を引きつけているに違いない。このコーラスをアレンジしたのがCindy自身であることにもビックリさせられた。すぐにネットを調べると、この後彼女は中山美穂のプロデュースでヒットを生んだらしい。納得。なんたってこんなセンスあるメロディライン作れるだからなぁ〜。この他の曲は時代性もあり出来は芳しくない。他のブログで"Inside Of Your Love"と並ぶ良曲として挙げられている"Try Your Luck Again"は個人的には悪い曲ではないが、何も感じない曲でしかない。やはり、そう思わせられてしまうくらい"Inside Of Your Love"が素晴らしいということなのかもしれない。ちなみにStevie Wonderは2曲をプロデュースしていますが、駄作。はっきり言って空気です。このアルバム、なんとCDも出ているのですが、そちらの方がレア!レコードが2,000円、CDが3,000円といったところでしょうか。是非、お手に取ってみてくださいませ。

« 桜の季節の不安を吹っ飛ばすSweet Thunderな日 | トップページ | 師走はお疲れですなMichael Orrな日 »

Japanese Music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/46801521

この記事へのトラックバック一覧です: 人一人暮らしながら、Cindyな日:

« 桜の季節の不安を吹っ飛ばすSweet Thunderな日 | トップページ | 師走はお疲れですなMichael Orrな日 »