フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

« 人一人暮らしながら、Cindyな日 | トップページ

2012年12月 7日 (金)

師走はお疲れですなMichael Orrな日

Michael_orr_2  いやぁ、久しぶりです。もう毎回書き出しこうなっちまうね。更新頻度低すぎます。はい。まあまあ、更新するだけましっつーことで。許してくださいな。それにしても毎年師走は忙しい!語源が忙しいとかなんとか…そんなうんちくじみたことは全く知識の範疇にないですが、それにしても忙しい。やっぱ、販売業ならではなんでしょうか。特にレコード屋は、セールが目白押しで、そのための準備、訴求、さらになんといっても商材確保のための査定が半端ないっす。1日ごとに締め切りの査定があり、通常業務をこなしつつそれも行っていくんだからそりゃ大変すよね。でも、この季節買取が普段よりも多く、色々なお客さんが売ってくれるから普段見ないアイテムが多数入ってくるのは正直いってワクワクしますね。つい先日も、4年以上査定やってきて一度も見たことないCDに出会いました!国内盤で、巻き帯現存!っつっても廃盤CDコレクターの人にしか通じないと思いますが…(ちなみに、僕はレコードコレクターですよ)。だって、年間で2万枚ほどは査定やってるんですが、それで4年見ないっつーことは単純計算で8万分の1。0.0001%!もうよく分かんないっす(計算あってるかもね)!それをセールで取り合う画を想像するとよだれが出ますね。ご飯大盛り3杯食べれます。いや、それは嘘です。とながなが文章書き連ねましたが、忙しい師走に身体を癒してくれるピースフルかつ神聖な一枚を。。。本日は、Michael Orrの「Love Will Rise」をご紹介。

最近、海外からレコードを買うという危険な遊びを覚えまして、それの通算3枚目。さらに、海外のレコード屋から直接購入したものとしては初のアイテムになります(パチパチ)!うちのお店にも年に何回か買付に来るスウェーデンのレコ屋Record Maniaさんからの直輸入品でございます。81年、ゴスペルの老舗Birthright Recordsからの作品。そう、何を隠そう本作はゴスペル作品ということになります。以前もInfinityを紹介させていただきましたが、やはりゴスペルにはまだまだあなどれない作品が多数眠っていると肌で感じますね。

本作は、かの「USブラックディスクガイド」~究極のLPコレクション《グループ編》~でもおなじみハゲ魔人ジャケ「Spread Love」を残していたMichael Orrの2ndにあたる作品(こちらのジャケも強烈ですが…)。古くから名盤として知られる1stがCounterpointから再発されたときにCDにはボーナストラックとして3曲が追加収録されていたことを覚えている人は少ないかもしれない。個人的には本編よりもボーナストラックの方がずっと好みであり、特に"I Don't Know You"は最高のモダンソウルであると感じていた。こういった情報をネット上で追っかけている過程でこちらのLPが出ていたことに行き当たったのだ。それ以来ずっと欲しいとは思っていたのだが、ついぞ出会う機会はなくようやく海外のレコード屋から通販で購入に至るということになるのである。こんな顛末は本人以外どうでもいいだろうが、内容は全く見逃すことが出来ないものになっている。やはり、核となるのはMichael Orrの抜群の作曲センス。ゴスペルというとどうしても歌力まかせやクワイア的展開で押し通し楽曲そのものがおろそかになりがちだが、本作では世俗に接近したモダンソウル調の完成度の高い楽曲が並ぶ。81年ということもあり、生音中心だが絶妙にシンセが絡んでくる音はこの近辺の音が好きなものにとっては生唾モノ。Michael Orr自身の歌唱は結構イナタく好き嫌いがはっきり分かれそうだが、本作では裏方に徹し女性にヴォーカルを取らせてる楽曲も多くそこが成功に繋がっているように思えてならない。やはり、NO.1は先述の"I Don't Know You"。これは、Michael Orr歌メロのセンス、楽器の生音とシンセの混ざり具合、徐々に盛り上がっていくゴスペル的展開が奇跡の邂逅を果たした一曲である。そして、健気に歌うDebra Laws似女性ヴォーカルがまた合う合う!これに何も感じない御人は不感症認定いたします。他収録曲もレベルが非常に高く、「Jesus」なんかをものともしないTHE日本人なあなたにはオススメたっぷりてんこ盛り。極上のモダンソウルが居並ぶ展開は甲乙つけがたく、"Jesus Is Coming Again"、"This Is A Blessing"、"God's Give Me A Comforter"なんかはありえないくらいに完成度が高い。さらに、前作収録曲をブギー仕立てで再録した"Spread Love"も素晴らしいダンスチューンだ。アルバム通してここまでよい曲が並ぶアルバムも珍しく、もう少し話題に上ってもよさそうなものだが、ゴスペルであるがゆえに排除されている部分はあるのだろう(実際、ボーナス追加曲も一目でゴスペルと分かるタイトルはあえて避けられている)。僕の購入金額は送料込みで、諭吉さんとちょっと。高い買い物であることは間違いないが、これは一生モノのアルバムということでよしとしよう(ちなみに、その月レコードとCD併せて4万円ほど売ったんで堪忍してちょ)。

« 人一人暮らしながら、Cindyな日 | トップページ

Soul & Funk(80's)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/419681/48112623

この記事へのトラックバック一覧です: 師走はお疲れですなMichael Orrな日:

« 人一人暮らしながら、Cindyな日 | トップページ