フォト

マイリンク

無料ブログはココログ

Club

2009年2月28日 (土)

ギャラガーではないOasisな日

Oasis_2明けましておめでとうございます。って遅すぎすね。2009年、社会は未曾有の大不況。そんな中で、楽しい日もありゃ、気分が晴れない日もありますね。まあ、そんな気分がすぐれない日に、最近聴いているのがデトロイトハウスです。気分がハイな日にはソウルとかを聴きたくなるんですが、落 ちてる日には、こいつがよく合うんですよ。そのときの自分にちょうど合った浸透圧の音楽というか。昨年、「自分のそのときの気分が音楽を判断する大きな指針になっているのでは?」ということに気付くきっかけにもなったかな。そんな、今の僕の心を潤すデトロイトハウスからOasis「Oasis Collaborating #2」をご紹介。
数ヶ月前に購入したのだけど、これは去年一番聴いたアルバムかもしれない。でも、この作品を紹介するのには少なからず抵抗があった。それは、僕のこのブログはソウルを主体としたものであるからだ。デトロイトハウスというと、Moodymannのようなソウルフルかつディープな音を思い浮かべる人が多いかもしれないが、本作はかなりミニマル寄り。ようするに、ソウルの黒さからかなり遠くに位置する音楽であると判断されかねないということ。しかし、僕は本作に強い黒さを感じる。ほとんどドラム主体で、メロディも単調。そこに音の抜き差しで展開を付ける。そして不穏な空気を漂わせながらなもこちらを惹き付ける音響。この機械の力を借りて現代に甦ったアングラディスコとでも言うべき存在を作り上げたのは、
デトロイトの中堅Omar-SのプロジェクトOasis。本作が2作目になるが、前作のテイストもかなり似通ったものだ。音楽とは足し算なのか引き算なのか、という話は音楽好きにとっては、よく議論の的になる話題だが、本作はダンスミュージックとしての引き算が体現された一枚と言える。派手なメロディなどは一切皆無で、ドラムが主体の音楽であるということが一目瞭然だ。無駄なものはほとんどない。たしか、以前「remix」誌に出ていたDerrick Mayのインタビューで、Omar-Sはデトロイトの車工場で働いているといったことを語っていた。このシンセやドラムの音は、機械音が鳴り響く工場の音に少なからずインスパイアされているのかなと感じる部分がある(というより意識的にそういう音を作っているのか?!)。モーターシティの下層階級が生み出す音楽が、享楽的でないのは彼らの日常が反映されているからなのかもしれない。そして、それが遠く離れたこの日本の地の非正規雇用労働者の心にも響いてくるのです。

2008年8月28日 (木)

Larry Levanな日

Larry_levan 2週間前くらいにCD&レコ掘りに出かけたんですが、折りしもそのときはどっかの花火大会があったらしく若い浴衣姿のカップルがわんさかおりまして…。「なんじゃい!こちとらレコ掘りじゃい!!」と空元気を出してもかなりむなしいもんでした。。。まあ、そんなときでも冷静に目標を達成していくのが、この道もう8年近くやってるベテランのなせる業。その日も順調に買いだめし、ホクホク顔で帰り道を歩いてると、頭にポチャ。なんか、雨にしては重量感があるぞと思って触ってみると、鳩のフン。生まれてもうすぐ24年になりますが、こんなこと今までないっすよ。頭に鳩のフンなんて、漫画でしかみたことないわいっ!しかも超クラシックなネタだし。これはクラシックなネタが今後も起こりうるっていう前兆ですか?なら、急いで学校行くときに曲がり角で、ぶつかったカワイイあの娘が今日からうちの学校に来た転校生だったっていうのがいいすね。って、もう学生ちゃうか。。。てな妄想をしながら、今日は、「Larry Levan Live At The Paradise Garage」ご紹介。

00年発表のMIXアルバム(録音は79年)。確か以前、Larry Levanのライブ音源で世に出ているのは二つしかないという話を聞いた気がする。てことは、これがそのうちの一つということでしょう。ソウルファンにとっては、ディスコ、しかもクラブ的なアプローチの元祖とも言うべきLarry Levanは受け付けにくいものなのかな。そこらへんをどう捉えているのかは僕には分からないのだが、少なくとも個人的にはどストライク。音楽ってやはり根源的に「踊り」と切り離すことが出来ないものなわけだから、ダンスミュージックとして一時代を築いたソウルの分派(決して徒花ではない)「ディスコ」に目を向けるのも当然な流れなわけですよ(ちと強引過ぎんな)。「ディスコ」のよさってその繰り返されるグルーヴ感やパーカッシヴなビートによって、脳のリミッターが解除されるところにあると思いますね(例のレイヴパーティーとかとはちゃうよ。僕はインドアリスナーなんで)。その飛ばされる感覚がクラブミュージックの起源たる由縁でしょうな。で、それを演出するのがDJなわけなのですが、そのレジェンドオブレジェンドともいえるのがこのLarry Levanでしょう。選曲を見ると、有名どころが多いのだが、やっぱりセレクトがソウル的な観点とは明らかに違うな。でも、それがぶっとい低音を軸に次々とつながれていく内容はやっぱりすごい。この当時からこのミックス技術を持っていたことにも舌を巻くなぁ。79年だもんなぁ。これを通しで聴くと、「ディスコ」の底力、Larry Levanの圧倒的な魅力を感じることが出来ますわ。聴かず嫌い厳禁!

2007年7月20日 (金)

Blazeな日

Blaze 昔から考えていることの一つに、「良い悪いは、好き嫌いを超越しうるのか」ということがある。好きか嫌いかっていうことはその人自身による判断で決まることだけれども、良し悪しはそう簡単にはかたずかない。はたして、良い悪いって誰が判断するのだろうか。大衆?そうすると、浜崎あゆみやオレンジレンジは素晴らしい音楽ということになる。では、評論家?しかし、評論家同士に意見の食い違いは多い。でも、音楽を聴き続けてきたものたちが推薦する音楽は普通の高校生が薦めるものよりも良いものである可能性は高い。ここで、多くの評論家が推薦するものにはいいものが多いはずだという仮定は立つのだが、それでは個人の好き嫌いを超えることはできない。しかも、良いものといっても判断基準が曖昧だ。どんな音域でも素晴らしい歌唱力を持った歌手が一寸の狂いもない演奏の上に乗ったときに最上のものが生まれるかというと、そういったものでもない。少しはずした歌唱や演奏が気持ちよくはまるときもあるからだ。それはやはり一人一人の感性に頼る以外ないのではないのだろうか。しかし、高い評価に定まっている名盤というものも存在する。う~ん、やっぱり今回も答えは出ないかな。少し難しいことを考えた後は、癒してくれるようなBlazeの「25Years Later」をご紹介。

90年発表。レーベルはあのMotown。う~んこの盤を一言で言うと、「遅すぎたニューソウル、早すぎたニュークラシックソウル」といったところか。まさに70’sソウルな空気感たっぷりなのだ。"I Wonder"はもろにMarvin Gaye。"All That I Should Know"なんかはもろにStevie Wonder。ということは、"Lover Man"はCurtis Mayfieldを意識してつくったということになるのだろうか。グラウンドビートやニュージャックスウィングが流行っていた時代にこの音が出てくるとは。いやはや突然変異としかいいようがない。

僕が購入した盤は後年Ciscoが再発したもので、90年に発売されたCDとは曲順が変わっている。前半(1枚目)がソウルサイドで、後半(2枚目)がハウスサイドなのだ。最初にA面から聴いていったときにB面ラストまではこれのどこがハウスなんだと思ったが、C面から一気に変わった。めっちゃハウスです。でも、やっぱりソウルをかんじるんだよなぁ。"Get Up"なんかは特にね(名曲です)。後、この2枚目は曲が進むにつれ、どんどんソウル臭がなくなり、機械的なクラブミュージックになっていく。これを聴いていると、「原点はやっぱりソウルなんだよ」ということを伝えたいのだと推測したくなる。というよりも、耳でそれが確認できてしまうのだ。ソウルとクラブミュージックの関係性を考えるときの重要作であると同時に最高の内容を誇る名盤であるということも出来るだろう。必聴です。

いやぁ、熱く書いていたらついついアップさせるのが遅れて20日になってしまいました…。昨日の書けなかったー。まぁ、その分こちらに力を入れたということで…。

2007年7月 3日 (火)

8Upな日

8up_1 クラブミュージックって難しい。僕のいうクラブミュージックは大きなくくりではなく、ハウス、テクノ、ブレイクシーツなどなどの総称という意味。最近、80年代初頭の音楽を聴くことが多くなっているからか、その延長線上のハウスにも興味を持ち始めている。しかし、どこから入っていったらいいのかがよう分からん。ガイドブックもソウルやなんかと比べて少ないし、やはり12inchの文化だからLPで出すものってのも数が少ないのか?そんな感じであまり手をつけられずにいたが、まあ気になったものにちょっと触手を伸ばすくらいのことはしていた。その中で気に入ったのがMoodyman、Dj Cam、Blaze、Nathan Hainesなど。やっぱり少し生音感があるものが好みみたいです。こういう雰囲気のでオススメ盤がある人、ぜひご一報を。今日は、まあ似たようなタイプの盤で好んで聴いてる8Up「Lie Down And Stay Calm」をご紹介。

94年発表の本作は、かのSoul Jazzレーベル発。悪いはずがありません。内容は、クラブミュージック色強いなぁという感じは薄く、レアグルーヴを洗練し、機械的な要素を組み込んだといった趣き。それは全編にサックスの演奏が盛り込まれているから。そもそもこのグループは、サックス奏者とプログラマーによる二人組らしい。UK産らしいクールなトラック群(パーカッションの使い方がいい!)にうまく乗っていくサックスは実に素晴らしい。1曲目のモダンジャズ調の"Rubberneckin"から期待させる。そこから後は緩急をつけて、心地良く流れていく。

やはりクラブミュージックを聴いていると、いろいろな音楽の要素が出てくる。その音楽のよさをうまく調合させ、料理したものがクラブミュージックといったものになるのだろう。やっぱり音楽好きってのは雑食じゃないとねってことで、個人的には非常に興味がある分野。いいガイドブックあったりしないかなぁ。